相続とは

 相続とは、人の死亡(失踪宣告も含む)により、その人(被相続人)の全ての権利、義務などを受け継ことです。相続財産には、プラスの財産のみならず、借金のようなマイナスの財産もあります。相続をするということは、プラスの財産だけでなくマイナスの財産も受け継がなければなりません。

 

被相続人とは

 亡くなられた人で、相続財産を遺していった人のことです。被相続人の死亡により相続が開始されます。

 

相続人とは

 相続財産を受け継ぐ人です。

 

相続には2種類あります

 ・相続人として遺産を受け継ぐケース

 ・被相続人として、自分の財産を遺すケース

 相続のお話を伺うと、相続人として遺産をもらうことを考える方が多いのですが、ご自身もいつかは必ず被相続人となり財産を遺していくことになるのです。

 両方の立場から、相続について考えることが必要です。

 

もっと詳しくお知りになりたい方は、 お問い合わせ・ご相談  

▲このページのトップに戻る